令和3年5月のイベントスケジュール

2021.05.01

令和3年5月のイベントスケジュールです。八戸ブックセンターが主催して開催するイベントのほか、貸館で一般募集しているイベントなども掲載いたします。(追加情報は随時更新していきます)

※イベント名の頭についている【自】は八戸ブックセンターの自主事業、【貸】は貸館です。

 

開催中 〜 5月9日(日)

【自】ギャラリー展「ブックデザイナーの仕様書展2021」

平成31年4月に開催した展示の第2弾。普段目にすることがない本の仕様書と、その仕様書をもとにできあがった「本」を一緒に紹介します。

参加デザイナー:川名潤、鈴木千佳子、山田和寛

場所:八戸ブックセンター ギャラリー

詳細:https://8book.jp/bookcenter/3789/

 

5月15日(土)

【自】アカデミック・トーク「青森県近代文学館 エクステンド常設展示「三浦哲郎 ~師・井伏鱒二の思い出~」解説」

現在、青森県近代文学館ではエクステンド常設展示「三浦哲郎 〜師・井伏鱒二の思い出〜」が開催されており、筑摩書房『井伏鱒二全集』月報に掲載された「師・井伏鱒二の思い出」を中心に、三浦哲郎が語る「師・井伏鱒二」とのエピソードが紹介されています。今回のアカデミック・トークは青森県近代文学館の武永佐知子さんをお招きして、この展覧会の内容や見どころを解説していただきます。

時間:14:00~16:00

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

ゲスト:武永佐知子(青森県近代文学館 文学専門主査)

詳細:https://8book.jp/bookcenter/4166/

 

 

5月22日(土) 〜 8月22日(日)

【自】ギャラリー展「中高生に伝えたい三浦哲郎」

「忍ぶ川」や「白夜を旅する人々」などで知られる八戸市出身の作家・三浦哲郎は、今年2021年に生誕90周年、そして芥川賞受賞60周年となります。八戸ブックセンターでは、中学生、高校生をはじめとする若い世代の方にも改めて興味を持っていただき、長く読み継がれていかれるきっかけとなるようなギャラリー展を開催いたします。

参加アーティスト:飯田竜太(彫刻家・美術家)、高橋将貴(イラストレーター)、藤谷治(小説家)、柾谷伸夫(八戸市公民館館長)

場所:八戸ブックセンター ギャラリー

詳細:https://8book.jp/bookcenter/4163/

 

 

5月29日(土)

【自】ギャラリー展オープニングトークイベント

5月22日(土)から開催する、「中高生に伝えたい三浦哲郎」のオープニングを記念して、今回の展示の監修をしてくださった彫刻家・美術家の飯田竜太さんをゲストにトークイベントを行います。

ゲスト:飯田竜太(彫刻家)

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

 

 

 5月の休館日

6日(木)、11日(火)、18日(火)、25日(火)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、各イベントでは下記の対応を行います。
・読書会ルームの扉は開放して行います。
・マスクの着用、イベントの前後には手指の消毒をお願いいたします。(消毒液は館内に設置しております)
・今後の感染者数の状況によっては開催を中止させていただく場合がございます。

 

5月スケジュールちらしPDF

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚