【ギャラリー展】中高生に伝えたい三浦哲郎

「忍ぶ川」や「白夜を旅する人々」などで知られる八戸市出身の作家・三浦哲郎は、今年2021年に生誕90周年、そして芥川賞受賞60周年となります。八戸ブックセンターでは、中学生、高校生をはじめとする若い世代の方にも改めて興味を持っていただき、長く読み継がれるきっかけとなるようなギャラリー展を開催いたします。

 

展示の監修は、八戸ブックセンターオープン初年度にギャラリー展「のどの文字、間の無光」で本を素材にした彫刻作品を出展してくださった、彫刻家・美術家の飯田竜太さんです。三浦作品をモチーフにした彫刻作品や、作品に登場する方言の響きを楽しむ映像、物語を彩る食べ物にまつわるインスタレーション作品、そしてはじめて三浦作品に触れる方へ興味の入り口となるようなテキストなどが飯田さんによって演出され、あらたな視点で作品を楽しむことができるような展示空間が広がります。これまでなかなか作品を読む機会がなかったという方もぜひご来場ください。

 

 

■ギャラリー展「中高生に伝えたい三浦哲郎」

期間:令和3年5月22日(土)~ 8月22日(日)

場所:八戸ブックセンター ギャラリー

入場料:無料

主催:八戸ブックセンター

参加作家・アーティスト(五十音順)

◆飯田竜太(彫刻家・美術家)
◆高橋将貴(イラストレーター)
◆藤谷治(小説家)
◆柾谷伸夫(八戸市公民館館長)

 

 

関連イベント

※詳細は後日お知らせいたします。

 

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚