施設コンセプト

八戸に「本好き」を増やし、八戸を「本のまち」にするための、あたらしい「本のある暮らしの拠点」

八戸ブックセンターでは、提案型・編集型の陳列による本の閲覧スペースの提供と販売、本に関するイベントの開催などを中心に、市内の民間書店や図書館、市民活動と連携しながら、全国で類を見ない、これからの時代にふさわしい本に関する公共サービスを構想し、提供していきます。
また、小さいながらも、豊かな本の出会いを提供するあたらしい施設として、市民のみなさんはもちろん、全国から注目され、多くの人が当市に訪れてみたくなるきっかけとなるような場所へと育てていくことも目指します。

「八戸ブックセンター」ロゴマーク

<ロゴ制作コンセプト>

二冊の本が寄り添って八戸の“八”を形作っている。
本は、ひとりで読むのが基本ではあるが、それでは終わらず、本と本、本と人との“つながり”をこの八戸ブックセンターで体験してもらいたいという願いを二冊の本にこめています。

また、当施設は「本のまち八戸」を推進する拠点であり、「本のまち八戸」推進のキャンペーンマークとして、下記のロゴマークも活用しながら各事業への取組み及び関係機関との連携を図っていきます。

「本のまち八戸」ロゴマーク

<ロゴ制作コンセプト>

「本のまち八戸」の拠点となる八戸ブックセンターと関連性のあるデザインとし、「本のまち八戸」の言葉そのものが印象として残るように、文字をそのまま図案化しています。
本のまちロゴマークは、市内で行う「本」に関するイベント・プロジェクト等で使用することができます。使用にあたっては、市へ届出が必要となりますので詳しくは下記へお問い合わせください。

問い合わせ先:八戸ブックセンター (電話0178-20-8368)

ロゴデザイン:groovisions

東京を拠点に活動するデザインスタジオ。1993年の創設以来、グラフィックやムービーを中心に音楽、出版、プロダクト、インテリア、ファッション、ウェブなど様々な領域のデザインを行っている。

www.groovisions.com

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ