【本のまち読書会】平成29年7月のレポート

2017.09.08

このページでは平成29年7月に八戸ブックセンターが主催して開催した「本のまち読書会」をレポートします。

 

平成29年7月8日に開催した「なにはなくとも話題の本 vol.1 「蜜蜂と遠雷」」。シリーズ1回目となる今回は、直木賞、本屋大賞を受賞したことで話題となった、恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」をとりあげました。まだ読んでいないという方も参加されていたので、まずはスタッフから登場人物やあらすじをご紹介するところからスタートしました。
モデルとなった「浜松国際ピアノコンクール」の実際の募集要項と違いを見比べたり、登場する音楽を聴いてみたり。参加者の方には長く合唱をされていた方もおられたため、演奏活動の経験談などもお伺いできて、音楽にまつわる物語である本作をより楽しめる会となりました。

 

■「なにはなくとも話題の本 vol.1「蜜蜂と遠雷」」

https://8book.jp/bookcenter/874/

日時:平成29年7月8日(土)14:00~15:40

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

テーマ本:「蜜蜂と遠雷」恩田陸・著 幻冬舎・刊

 

 

***

 

 

7月は本のまち読書会のスペシャル企画として、「今、子どもたちに勧めたい本」と題し、3回シリーズの読書会を開催。市内の小学生へ「マイブッククーポン」とともに配付したブックリストをもとに、八戸工業高等専門学校教授の戸田山みどりさんと、八戸ブックセンタースタッフの森がおすすめ本やその読みどころについておはなししました。
7月9日の第1回は「『字』の本に挑戦!」とし、小学1~2年生から読める本を中心にご紹介。それぞれの読みどころはもちろん、その本にまつわるエピソードなどもおはなししました。
7月16日の第2回は今年2月にアカデミックトークにご登壇いただいた川端有子さんをゲストに開催。産経児童出版文化賞の審査員を長年務めている川端先生に、普段聞くことのできない審査にまつわるお話も伺うことができました。
7月23日の第3回は「ヤング・アダルトへのかけ橋」。ヤング・アダルト本の前に読んでほしい本をご紹介しました。参加者の中には図書ボランティアをされている方もおり、いま子どもたちがどんな本を読んでいるか、読みたいと思っているかについてのおはなしも聞くことができました。

 

今、子どもにすすめたい本

 

■「今、子どもたちに勧めたい本」

第1回  『字』の本に挑戦! 平成29年7月9日(日)14:00~16:00

第2回  ゲスト 川端有子先生 平成29年7月16日(日)14:00~16:00

第3回   ヤング・アダルトへのかけ橋 平成29年7月23日(日)14:00~16:00

https://8book.jp/bookcenter/923/

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

 

 

***

 

 

平成29年7月15日は「知の棚へのチチェローネ ~第4回 読みくらべ「LIFE STORY(せいめいのれきし)」~」を開催。読みくらべということで、参加者の方に改定前の版の「せいめいのれきし」を朗読していただき、残りの参加者の方には改訂版を眺めながら、文章の違いを見つけていただくという風に進んでいきました。「冥王星」の記述が消えていたり、「水成岩」から「体積岩」へと分類名が差し替えになっていたり、また石井桃子さんの児童文学的な文体から、真鍋真さんの監修を経ることで科学的な文体へと文章が修正されていることなど、いくつもの違いを見つけることができました。

 

せいめいのれきし

 

■「知の棚へのチチェローネ ~第4回 読みくらべ「LIFE STORY(せいめいのれきし)」~」

https://8book.jp/bookcenter/916/

日時:平成29年7月15日(土)14:00~16:00

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

テーマ書籍
・「LIFE STORY」(英語版)
・「LIFE STORY UPDATED EDITION」(英語版)
・「せいめいのれきし」石井桃子:訳 岩波書店:刊 
・「せいめいのれきし 改訂版」石井桃子:訳 真鍋真:監修 岩波書店:刊
・「深読み せいめいのれきし」真鍋真:著 岩波書店:刊(岩波科学ライブラリー) 

 

 

 

***

 

 

読書会ルームは、八戸ブックセンター主催の読書会を開催するほか、一般の方へ貸し出しもしております。
詳しい使用方法やお申し込みは以下のページから!

https://8book.jp/information/room/

 

 

Share on Facebook16Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ