【執筆・出版WS】郷土の歴史のつむぎかた

2017.07.20

平成29年8月26日に開催する執筆・出版ワークショップは八戸歴史研究会会長・安藤昌益資料館館長の三浦忠司氏をお招きし、「郷土の歴史のつむぎかた」と題した講座を開催します。

三浦氏は地方武士の暮らしを描いた「八戸藩「遠山家日記」の時代」(岩田書院)や、八戸城下の屋敷配置や藩士の来歴を明らかにした「よみがえる八戸城下」(デーリー東北新聞社)など八戸に関する本を多数執筆されています。

今回の講座では、本の書きかたやまとめかた、人に読んでもらうための工夫など、ご自身の経験をもとに「郷土の歴史のつむぎかた」についておはなししていただきます。

 

■執筆・出版ワークショップ「郷土の歴史のつむぎかた」

日時:平成29年8月26日(土)14:00~16:00

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

講師:三浦忠司氏(八戸歴史研究会会長、安藤昌益資料館館長)

定員:20人

参加料:無料

申込
このページ下部の専用フォーム、八戸ブックセンターのカウンター、お電話(0178-20-8368)にて受け付けます。
※定員になりしだい、受付を終了いたします。

主催:八戸ブックセンター

 


お申し込みフォーム
※質問事項欄には「8/26 執筆・出版WS」とご入力ください。
※市民作家登録がお済みの方は、質問事項欄に市民作家ID(4桁の数字)もご入力ください。


ご入力頂いた個人情報については、本申込への対応、ご回答、及び照会のみに利用し、それ以外の目的への利用や第三者への提供はいたしません。サイトポリシーについてはこちらをご覧ください。

確認画面は出ませんので、もう一度送信内容をお確かめください。
 送信内容を確認した方はチェックしてください。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ