【執筆・出版WS】権利・法律に関する講座と、電子出版のワークショップ

2017.04.19

八戸ブックセンターでは、「執筆・出版ワークショップ」として本を執筆・出版したい方をサポートするワークショップを開催していきます。

平成29年5月27日(土)、28日(日)は、フリーライターで、NPO法人日本独立作家同盟の理事長をつとめていらっしゃる鷹野凌氏を講師にお招きし、「本を出版したい人が知っておくべき権利や法律」と題した講座と、「電子出版ワークショップ」を開催します。

5月27日開催の「本を出版したい人が知っておくべき権利や法律」では文献などから引用する方法や、作品を公開したときに自分に発生する権利などを知ることができます。
また、5月28日開催の「電子出版ワークショップ」は2部構成のワークショップで、第1部はウェブサービス「BCCKS」(https://bccks.jp/)を使用して実際に電子出版を行い、第2部では制作した電子書籍を広める方法を学ぶことができます。

八戸市民作家の方向けの講座・ワークショップとなっておりますが、この機会にご登録いただいた方も参加可能です(八戸市民の方はもちろん、市外にお住まいの方もご登録可能です)。みなさまのご予約をお待ちしております!

 

■本を出版したい人が知っておくべき権利や法律

日時:平成29年5月27日(土)15:00~17:00

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

講師:鷹野凌氏

定員:20人

対象:八戸市民作家

参加料:無料

申込
このページ下部の専用フォーム、八戸ブックセンターのカウンター、お電話(0178-20-8368)にて受け付けます。
※定員になりしだい、受付を終了いたします。

主催:八戸ブックセンター

 

■電子出版ワークショップ

日時:平成29年5月28日(日)
第1部 「電子書籍のつくりかた」13:00~14:30
第2部 「電子書籍のひろめかた」15:00~16:30

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

講師:鷹野凌氏

定員:8人

対象:八戸市民作家

参加料:無料

参加条件

・ご自身の作品(原稿・すぐに出版できる状態のもの)をデジタルデータでご用意ください。
・タイトル・著者名を決め、表紙をイメージしておいてください。
・Wi-Fi接続可能なパソコンをご持参ください。

※可能な限り、前日の講座も受講ください。
※第1部のみ、第2部のみ受講希望の方のご相談にも応じますので、お問い合わせください。
※文章による作品だけでなく、写真集やまんがも制作可能です。
※作品の分量(ページ数)に下限はありませんが、上限は10万字程度までとしてください。

申込
このページ下部の専用フォーム、八戸ブックセンターのカウンター、お電話(0178-20-8368)にて受け付けます。
※定員になりしだい、受付を終了いたします。

主催:八戸ブックセンター

 

◆八戸市民作家とは
八戸ブックセンターには執筆活動をするための部屋「カンヅメブース」があります。小説やエッセイ、詩、短歌などジャンルは問いませんが、「出版したい」「発表したい」「応募したい」「誰かに読んでもらいたい」などといったことを目標にして執筆する方にご利用いただけるブースとなっており、この「カンヅメブース」の使用者登録をすると、八戸市民作家になることができます。

参考:カンヅメブース  https://8book.jp/information/booth/

 

◆講師プロフィール

鷹野凌(たかの・りょう)

takano

フリーライター。NPO法人日本独立作家同盟理事長。実践女子短期大学非常勤講師(デジタル出版論・デジタル出版演習)。著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』など。
http://www.wildhawkfield.com/

 


お申し込みフォーム
※質問事項欄には参加希望日と、市民作家ID(4桁の数字)をご入力ください。
※市民作家登録がお済みでない方はその旨を質問事項欄にご入力ください。


ご入力頂いた個人情報については、本申込への対応、ご回答、及び照会のみに利用し、それ以外の目的への利用や第三者への提供はいたしません。サイトポリシーについてはこちらをご覧ください。

確認画面は出ませんので、もう一度送信内容をお確かめください。
 送信内容を確認した方はチェックしてください。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+2
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ