ギャラリー展示 飯田竜太展「のどの文字、間の無光」

2017.04.10

webバナー制作-1

八戸ブックセンターではこのたび、飯田竜太展「のどの文字、間の無光 - The words of the inside margin and darkness at time. – 」を開催いたします。

 

飯田竜太氏は、田中義久氏とのアートデュオ「Nerhol」の活動で知られ、世界的な評価を得る彫刻家・美術作家です。また、八戸短期大学幼児保育学科の常勤美術講師として、2010年から2015年まで八戸に在住・在勤していた、八戸ゆかりの作家でもあります。
本展示では、自身が読み終わった本や、捨てられる運命にあった本を素材に、本という物質とそれが持つ意味に焦点を当てた彫刻作品を展示いたします。これほどまとまった量の作品が並ぶ個展の機会は、都内でもめったにありません。ぜひゆっくりとご覧ください。

 

■八戸ブックセンター ギャラリー企画展示 
飯田竜太展「のどの文字、間の無光 – The words of the inside margin and darkness at time. – 」

 

期間:平成29年4月15日(土)~平成29年6月30日(金)

場所:八戸ブックセンター ギャラリー

料金:無料

 

■飯田竜太展「のどの文字、間の無光 – The words of the inside margin and darkness at time. – 」
展示記念トークショー 飯田竜太×内沼晋太郎 「美術と彫刻と本について」

 

日時:平成29年6月24日(土)14:00~15:30

料金:無料

出演:飯田竜太氏、内沼晋太郎氏

詳細、お申し込みフォームは以下のページで公開しています。

https://8book.jp/bookcenter/824/

 

 

「のどの文字、間の無光 – The words of the inside margin and darkness at time. – 」ちらしpdf

 

 

◆作家プロフィール

飯田竜太(いいだ・りゅうた)

飯田竜太氏プロフィール写真

彫刻家、美術家

 

1981年静岡県出身。2014年東京藝術大学先端芸術表現科修了。2004年第22回グラフィック『ひとつぼ展』グランプリ。2015年より日本大学藝術学部美術学科彫刻コース常勤講師。2007年グラフィックデザイナー田中義久とアートデュオNerhol(ネルホル)を結成。Foam Photography Museum(2015年/アムステルダム)での個展、Festival Images(2014年/スイス)に参加など国際的に活動。2016年5月には金沢21世紀美術館にて個展「Nerhol Promenade/プロムナード」を開催。

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ