【パワープッシュ作品】八戸が舞台の物語『羊毛フェルトの比重』(髙森美由紀さん著)

イベントは終了しました。皆様のご来場誠にありがとうございました。

 

三戸町在住作家・髙森美由紀さんの小説最新作『羊毛フェルトの比重』(産業編集センター刊)は八戸が舞台の物語です。

主人公は八戸市内の手芸店に勤める30歳の女性・紬(つむぎ)。職場の先輩、母親、付き合っている彼氏との関係など、いろいろなモヤモヤを抱えながらも、大好きな羊毛フェルトクラフトを通して生き方を見つめ直していくという物語です。登場人物の苗字が八戸の地名にちなんだものになっているなど、八戸市民のみなさんにも親しみを持って読んでいただける作品となっています。

今回のイベントでは、物語の鍵となる羊毛フェルトのクラフトを体験できるワークショップを開催します。講師に八戸在住の羊毛フェルト作家・ポエジアさんをお迎えし、バッグに三毛猫(みっちゃん)もしくは柴犬(タイヘイか、たれ耳のさんかく)のモチーフをつけるワークショップです。物語のなかで紬と日向がぬいぐるみづくりをするシーンのように、お茶を飲みながらバッグづくりを楽しみましょう。

また、作者の髙森さんご本人に『羊毛フェルトの比重』の制作秘話を伺うトークイベントも開催いたします。聞き手にはBeFMパーソナリティーの小笠原ちえ子さんをお迎えし、作品や、髙森さんご自身のことについてなどお伺いしていきます。

『羊毛フェルトの比重』でもおいしそうなお料理が描かれており、当日は会場のPatrie(パトリ)で再現メニューの販売も予定しています。こちらもぜひお楽しみに!

 

■パワープッシュ作品『羊毛フェルトの比重』刊行記念イベント 

日時:令和4年6月5日(日) 13:00〜 羊毛フェルトワークショップ 15:30〜 トークイベント

場所:Patrie -パトリ-(カフェ&バー)(八戸市六日町10 いわとくパルコ本館4F)
instagram twitter

 

【第一部】
羊毛フェルトワークショップ (ワークショップは定員満数となりました。現在キャンセル待ちを若干名受け付けています)

物語に登場する三毛猫のみっちゃん、柴犬のタイヘイ・さんかく風のモチーフをバッグにつけるワークショップです。好きな絵柄・バッグのかたち(2種)をお選びいただけます。

時間:13:00〜15:00

定員:8名程度

参加料:実費(1,000円程度/ニードル・スポンジ付き)+ワンドリンクご注文ください。

講師:ポエジアさん

申込このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。

 

【第二部】
髙森美由紀さんを囲んでのトークイベント
 

髙森さんに『羊毛フェルトの比重』制作秘話を伺うトークイベント。聞き手にはBeFMパーソナリティの小笠原ちえ子さんをお迎えします。

時間:15:30〜16:30 ※終了後にサイン会を開催いたします。

トークゲスト:髙森美由紀さん、小笠原ちえ子さん(聞き手)

定員:20名程度

参加料:無料+ワンドリンクご注文ください。

 

 

 

申込このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。

主催:八戸ブックセンター

※二部制
※ワンドリンク制(ワークショップ・トークの2部とも参加の場合は、1杯でもかまいません)
※「ワークショップ」のみ、「トーク」のみでのご参加も可能です

 

 

その他

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の対応を行います。
・飲食時以外はマスクの着用をお願いいたします。
・手指の消毒をお願いいたします。
・今後の感染者数の状況によっては開催中止させていただく場合がございます。

 

◆書誌情報


『羊毛フェルトの比重』

著者:髙森美由紀
発行:産業編集センター
定価:1,760円(税込)
刊行日:令和4年4月13日
ISBN:978-4-86311-329-9

 

ゲストプロフィール

髙森美由紀(たかもり・みゆき)

青森県出身。地元で勤務しながら創作活動を続ける。
2014年『ジャパン・ディグニティ』で第1回暮らしの小説大賞受賞、2017年『花木荘のひとびと』で第84回ノベル大賞受賞。
主な作品に『おひさまジャム果風堂』『お手がみください』『みさと町立図書館分館』『みとりし』『ペットシッターちいさなあしあと』(産業編集センター)、『柊先生の小さなキッチン』(集英社オレンジ文庫)、『山の上のランチタイム』『山のふもとのブレイクタイム』(中央公論新社)など。
@takamorimiyuki1

 

ポエジア

2006年から羊毛フェルトを始め、2010年頃からペットの人形「メモリードッグ」を作っています。犬だけでなく、猫やハムスターを作ったこともあります。
「うみねこ」や「ほや」などをモチーフにしたマスコットやエコバッグなど、地元の青森や八戸に関したものも作ります。
そのほか、タティングレースのアクセサリーやニット小物なども制作、販売しています。
八戸市在住です。
https://ameblo.jp/poesia-utta/

 

小笠原ちえ子(おがさわら・ちえこ)

八戸市出身。青森テレビや三沢市ケーブルテレビなどでパーソナリティーやリポーターとして出演。
現在は八戸市のコミュニティー放送局BeFMで、八戸ポータルミュージアム<はっち>からの生放送「びびすた♪」や「子育てラジオ せっせっせのよいよいよい」などに出演中。
長男・次男の子育てに奮闘中!これまでのステージ経験や子育てなどの体験を生かし、老若男女問わずその場にいた皆さんに「楽しかった!」と思っていただけるような、会場の一体感を作ることができる司会を目指しています。

 

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚