【アカデミック・トーク】リケジョに語る 宇宙の謎(八戸高専連携)

イベントは終了しました。皆様のご来場誠にありがとうございました。

 

3月13日(日)は八戸工業高等専門学校と八戸ブックセンターとの連携アカデミック・トークを開催いたします。

八戸高専の中村雅徳准教授をお招きし、宇宙に携わる仕事に興味があるリケジョ(女子学生)を聞き手にして、なかなか知ることのできない宇宙研究の最前線について詳しくお話していただきます。

 

中村先生からのメッセージ

イベントホライズン望遠鏡(EHT)計画の成功により、銀河の中心には太陽系よりも巨大なブラックホールがあることがわかりました。
ところが、まわりの物質を飲み込むだけでなく、ブラックホールからは超高速のガスが噴出しています。
なぜ? 銀河への影響は? など不思議が尽きません。
宇宙の謎解きに迫る現場はどのような世界なのか、皆さんにお話します。

 

 

科学技術振興機構(JST)「女子中学生の理系進路選択支援プログラム」

https://www.jst.go.jp/cpse/jyoshi/

本企画は、全国的にも女子生徒の進学率が低い工学系への進路選択の支援を目的としています。
八戸工業高等専門学校は、全国の工業高専の中でも女子学生の在籍率が高いことが特徴です。
その強みを生かし、在籍女子学生や卒業生が女子中学生を対象とした公開イベントを行うことで、
身近なロールモデルとして女子中学生への理系選択への興味関心を高めることを狙いとしています。

 

八戸高専 はばたけSciTech Girls
北東北産業都市 八戸発の青森リケジョの人材交流型育成プログラムです。

https://www.hachinohe-ct.ac.jp/scitechgirls/

 

 

 

 

 

 

■【アカデミック・トーク】「リケジョに語る 宇宙の謎」
(科学技術振興機構(JST)「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」)

日時令和4年3月5日(土)14:00~ 令和4年3月13日(日)10:30~に順延となりました。

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

講師:中村雅徳さん(八戸高専)

聞き手:淡路侑香さん(八戸高専4年)

入場料:無料

対象:理系をめざす女子中高生および一般市民

定員:15名(先着順)
定員になりしだい受付を終了させていただきます。

申込:本イベントにつきましては、八戸工業高等専門学校へメール(somu-o@hachinohe-ct.ac.jp)でお申し込みください。
お申し込みの際は件名に「3/13参加希望」、本文には「氏名、年齢、電話番号、(在学中であれば学校名と学年)」をご記入ください。

主催:八戸工業高等専門学校

共催:八戸ブックセンター

その他:新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の対応を行います。
・読書会ルームの扉は開放して行います。
・マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。(消毒液は館内に設置しております)
・今後の感染者数の状況によっては開催中止させていただく場合がございます。

 

◆講師紹介

 


中村雅徳(なかむら・まさのり)

八戸工業高等専門学校 准教授(総合科学教育科)

二戸で生まれ、高校までのんびりと育ちました。その後、広い世界で、遠い宇宙の研究をしたくて、日本を飛び出し米国と台湾で20年近く研究職に携わりました。30年ぶりに地元に戻り、自身の経験を活かして、これから世に羽ばたく若い世代を後方支援していければと考えています。

理学博士。NASAジェット推進研究所、ロスアラモス国立研究所(米国)、宇宙望遠鏡科学研究所(米国)、中央研究院天文物理研究所(台湾)勤務を経て20204月より現職。八戸高専で科学技術英語を教える傍ら、イベントホライズン望遠鏡(EHT)チームの一員としてM87ブラックホールジェットを研究。

https://researchmap.jp/nakamrms


聞き手

淡路侑香(あわじ・ゆうか)

八戸工業高等専門学校 本科4年生(産業システム工学科 機械システムデザインコース)

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚