【土地と声】フォトレポート

平成29年12月17日に開催した八戸ブックセンターオープニング記念イベント「土地と声」当日の様子をフォトレポートでご紹介いたします。

 

第一部のワークショップは11時に読書会ルームで始まりました。
こちらは始まる前の様子です。

_sc_0052

_sc_0054

_sc_0056
イベント前の最終打ち合わせをする木村さん、温さん、石田さん。なごやかな雰囲気です。

_sc_0057

_sc_0060

 

11時になりました。まずは八戸ブックセンター所長・音喜多からごあいさつ。

_sc_0063 

_sc_0065
そして今回のゲスト、作家のみなさんのごあいさつ。
まずは管啓次郎さん。

_sc_0070
石田千さん。  

_sc_0072
木村友祐さん。

_sc_0073
温又柔さん。

 

八戸ブックセンターの読書会ルームと、はっち5階のレジデンス、
2グループにわかれて、ワークショップがはじまります。
こちらは読書会ルームのグループ。
講師は温又柔さんと、木村友祐さんで、課題本は温又柔さんの「来福の家」です。

_sc_0076
まずは全員で一節ずつ朗読。

_sc_0078
その後、一人ひとり自己紹介と、読んできた感想を話していきます。 

_sc_0083
そのひとつひとつに温さんと木村さんがていねいに受け応えます。
時には小説家として、作品への心掛けを語ってくださいました。

_sc_0090
ちなみに、読書会ルームのようすは本棚の隙間から見えます。
すこし不思議な光景でしょうか。
 

_sc_0091
こちらははっちレジデンスグループ。
課題本は石田千さんの「家へ」。
講師は石田千さんと、管啓次郎さんです。

_sc_0101

皆で声を出して課題本を読むことから始まったワークショップ。
そのあと、全員で自己紹介をします。

_sc_0102

グループに分かれ、課題本「家へ」について、
印象的な部分や心に残った箇所を、話し合います。

_sc_0106

そのあと、それぞれのグループの代表者が、話し合った内容を発表します。

_sc_0110

最後に、「家へ」の中から一番好きなセンテンスを紙に書き、それについて発表します。
読む人によって、とらえる箇所がまったく異なることに
読書する楽しみをあらためて感じた気がします。

 

 


第二部のトークイベントは16時から南部会館で開催しました。

_sc_0125

_sc_0128
今回、ワークショップ、トークイベントにご来場くださった方には
小冊子「土地と声」を差し上げています。
木村友祐さん、温又柔さん、管啓次郎さん、石田千さんが
「土地と声」をテーマに執筆してくださった掌編を収録したものです。
トークイベントの冒頭では、この小冊子のなかから、
ご自身の作品を朗読していただきました。 

_sc_0129

_sc_0131

_sc_0133

_sc_0140

_sc_0142

_sc_0145
「土地と声」にまつわるお話。
八戸のお話も。

_sc_0146

_sc_0147

_sc_0148

_sc_0150

_sc_0151

_sc_0152
「八戸に来たから」と八戸弁で語る木村さん。

_sc_0153
いま石田さんのゼミでは学生に新しい民話をつくらせているそうです。
八戸出身の学生さんが、イカをモチーフにした民話をつくっているらしく
石田さんがあらすじをお話してくださったのですが、
突拍子もないストーリーで、会場からも笑い声が。

_sc_0157
八戸の中心街の交差点で流れる「乙女の祈り」。
曲の終わり方が気になった石田さんは、3回も立ち止まって聴いたそうです。
それを聞いた温さんは、台湾のごみ収集車が「乙女の祈り」を流していることをお話しされていました。
「乙女の祈り」で八戸と台湾がつながった!

_sc_0158

_sc_0160

_sc_0161
土地に根づいた声、ことばを、書いて伝えること。
最後の管さんのお話を聞いて、その土地のことばでしか表せられないニュアンスを活字から読みとることも、
文学作品を味わうひとつの楽しみかたなのだと思いました。

 

終演後はサイン会を開催。大盛況でした!

 

_sc_0166

_sc_0168

_sc_0170

 

 

_sc_0173

_sc_0176

管さん、木村さん、石田さん、温さん、ありがとうございました!

 


また、温さんが今回のイベントについて書かれたコラムが以下のサイトで公開されています。
こちらもぜひご覧ください!

11.土地と声をめぐって ――台湾系ニホン語人はいつまでも揺れている―― | をちこちMagazine http://www.wochikochi.jp/serialessay/2016/12/japanophone11.php

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚