【八工大・公開講座】なぜ世界はこのように見えるのか?

 


 

10月23日(土)は、八戸ブックセンターと八戸工業大学との連携公開講座を開催いたします。

 

私たちの見ている世界は、本当に存在するのか考えたことはありますか?
哲学やデザイン、ロボットの開発にまで影響を与えた、心理学の知覚論についてわかりやすく解説します。

 

佐藤先生からのメッセージ
アメリカの心理学者ギブソンは、「◯◯が見えるのは◯◯が実在するからだ」とする、一見当たり前のようでいて革新的とされる直接知覚論を唱えました。
これを知れば、世界が今までと違って見えるかもしれません!?

 

ブックセンター館内では、今回の講座に合わせて佐藤先生の「ひと棚」を展示しております。


 

 

■【公開講座】「なぜ世界はこのように見えるのか?」

日時:令和3年10月23日(土)14:00~

場所:八戸ブックセンター

講師:佐藤手織さん(八戸工業大学)

参加料:無料

申込:八戸工業大学の公開講座のページをご覧いただき、電話(0178-25-8005)かメール(kaikaku@hi-tech.ac.jp)でお申し込みください。
メールでのお申し込みの際は、件名に「10/23参加希望」、本文に「氏名、生年月日、電話番号」をご記入ください。

主催:八戸工業大学

共催:八戸ブックセンター

その他:新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の対応を行います。
・読書会ルームの扉は開放して行います。
・マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。(消毒液は館内に設置しております)
・今後の感染者数の状況によっては開催中止させていただく場合がございます。

 

 

◆講師紹介


佐藤 手織(さとう・たおり)

八戸工業大学で、心理学関係の授業を担当しています。
専門は認知心理学・教育心理学で、
俳句を「詠む・読む」ことの心理効果や、
人間の無意識・AI(人工知能)による俳句の生成、
教育における学習者の自己肯定感・根気の意義に興味があり、研究を進めています。

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚