【アカデミック・トーク】「PLEASE」をひとりでつくろうと思った衝動とCOMME des GARÇONSのページをつくる創造

イベントは終了しました。アーカイブは八戸ブックセンターのinstagramアカウントでご覧いただくことができます。

 

 

3月12日(金)はファッション雑誌編集・発行人で写真家の北原徹(きたはら・とおる)さんをゲストにお迎えし、トークイベント「『PLEASE』をひとりでつくろうと思った衝動とCOMME des GARÇONSのページをつくる創造」を開催します。

このトークイベントは北原さんによりワンテーマで選書していただいた企画「ひと棚」連携イベントです。

 

■北原徹さんからのコメント

幸か不幸か(多分幸なのですが)、ひとりではじめたPLEASEづくり、なぜ今どき紙の雑誌を、しかもひとりでつくろうとしたのか。そこには「Arne」という先駆者とTodd Rundgrenというミュージシャンの存在があった!なんていう格好良い話ではないのだけれど、裏話とかみなさんに教えてしまいます。これから「個」の時代とも言われています。ひとりでつくることに何の疑問も持たない方も多いとは思いますが、まあ、聞いてみてくださいよ。後半はCOMME des GARÇONSというクリエイティブと向き合うことの難しさを語ってみたいと思います。ひとりでつくる雑誌なのにCOMME des GARÇONS特集を組むことについても。

 

■【アカデミック・トーク】『PLEASE』をひとりでつくろうと思った衝動とCOMME des GARÇONSのページをつくる創造

日時:令和3年3月12日(金) 17:00~ 

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

入場料:無料
※飲み物を飲みながらの参加も可能です。会話の際はマスクの着用をお願いいたします。

申込このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。
※定員に達したため、会場参加の受付は終了いたしました。
インスタライブで同時配信を行いますので、ぜひこちらをご覧ください。

主催:八戸ブックセンター

協力:saule branche shinchõ

 

◆書誌情報

『PLEASE』1〜14

発行:PLEASE
定価:本体1,200円(税別)
刊行日:2016年3月創刊

参考:
『PLEASE』好評!ポパイ出身のマガジニスト・北原徹が新たに提案するファッション誌 https://nostos.jp/archives/114460
株式会社please 公式facebook https://www.facebook.com/pg/pleasetokyo/

 

 

◆ゲストプロフィール

北原徹(きたはら・とおる)


ファッション誌「PLEASE」編集・発行人、フォトグラファー、「OPENERS」客員編集者、元「POPEYE」副編集長。
「週刊 SPA!」「anan」「POPEYE」「クロワッサン」などの編集に携わる。
2016年3月9日にファッション誌「PLEASE」を創刊。編集ディレクションから写真撮影、文章、アートディレクション、時にはスタイリングまでをひとりで行う。男性誌、女性誌を超えたスタイルは世界でも珍しい。「POPEYE」時代からファッション撮影を始め「PLEASE」のファッション撮影のほぼすべてのほか、雑誌、カタログ、広告などを精力的に撮影している。フォトグラファーネームにRay and LoveRock名義を使うことも。写真集にパリコレクションで活躍するデザイナーGeoffrey B.Smallの100回目のパリコレを記念した「100」、3人展「TLRiK」の同タイトルがある。

 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、下記の対応を行います。
・読書会ルームの扉は開放して行います。
・マスクの着用、手指の消毒をお願いいたします。(消毒液は館内に設置しております)
・今後の感染者数の状況によっては開催中止させていただく場合がございます。

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚