【パワープッシュ作家】『「ついやってしまう」体験のつくりかた』刊行記念連続公開講義第二回

ついやってしまう・思わず夢中になる・誰かにすすめたくなる。

そんな「つい」人が動く「体験デザイン」(XD)の連続講座です。第2弾はテレビゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズから「驚き」のデザインを読み解き、人がなぜ「つい夢中になってしまう」のか、その「つい」熱中させてしまうデザインづくりを、任天堂の企画開発者であった『「ついやってしまう」体験のつくりかた』著者の玉樹真一郎さんとともに探究します。

 

 

■パワープッシュ作家『「ついやってしまう」体験のつくりかた』刊行記念連続公開講義第二回
第2章実況講義「ドラゴンクエストと驚きのデザイン」

日時:令和元年12月21日(土)14:00~16:00

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

講師:玉樹真一郎さん(八戸学院大学学長補佐・地域経営学部 地域経営学科特任教授。元・任天堂 企画開発者)

入場料:無料
ただし、原則ワンドリンク制とさせていただきます。入場時に八戸ブックセンターのカウンターでドリンクをご注文ください。

定員:20名前後

申込:このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。

主催:八戸ブックセンター

 

 

◆書誌情報

「ついやってしまう」体験のつくりかた人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ

発行:ダイヤモンド社
著者:玉樹真一郎
価格:本体1,500円+税
ISBN:978-4-478-10616-7
刊行日:令和元年8月

 

◆ゲスト・プロフィール

玉樹真一郎(たまき・しんいちろう)
1977年生まれ。東京工業大学・北陸先端科学技術大学院大学卒。
プログラマーとして任天堂に就職後、プランナーに転身。全世界で1億台を売り上げた「Wii」の企画担当として、最も初期のコンセプトワークから、ハードウェア・ソフトウェア・ネットワークサービスの企画・開発すべてに横断的に関わり「Wiiのエバンジェリスト(伝道師)」「Wiiのプレゼンを最も数多くした男」と呼ばれる。
2010年任天堂を退社。同年、青森県八戸市にUターンして独立・起業、「わかる事務所」を設立。全国の企業や自治体などで、コンセプト立案、効果的なプレゼン手法、デザイン等をテーマとしたセミナー、講演、ワークショップ、プレゼン等を年60回以上おこなうほか、コンサルティング、ウェブサービスやアプリケーションの開発等を行いながら、人材育成・地域活性化にも取り組む。
2011年5月より特定非営利活動法人プラットフォームあおもりフェロー。2014年4月より八戸学院大学・地域経営学部特任教授。2017年4月より三沢市まちづくりアドバイザー。
著書に『コンセプトのつくりかた』(ダイヤモンド社)がある。


お申し込みフォーム
※申し込みイベント名は「12/21 ドラゴンクエスト」とご入力ください。


ご入力頂いた個人情報については、本申込への対応、ご回答、及び照会のみに利用し、それ以外の目的への利用や第三者への提供はいたしません。サイトポリシーについてはこちらをご覧ください。

確認画面は出ませんので、もう一度送信内容をお確かめください。
 送信内容を確認した方はチェックしてください。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚