【紙から本ができるまで展2019】故・中居裕恭主宰 ギャラリー「北点」特別開放記念トークイベント

台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから、イベントは中止いたします。

 

 

ギャラリー北点は、写真家・中居裕恭さんが「北の街の活動の拠点」という気持ちをこめて1988年に開いたギャラリーです。中居さん亡き後は閉じられたままでしたが、このたび「紙から本ができるまで展2019」の開催を記念して、トークイベントも開催いたします。

ゲストは、造本家の町口覚さんです。常に写真と向き合い本を造ってきた町口さん。そんな町口さんから見た中居さんの写真について、そして中居さんとの出会いについてなど、語っていただきます。

今回「紙から本ができるまで展2019」の企画のひとつとして出版された「DUO 中居裕恭 森山大道」についても絡めながらお話いただきますので、みなさまぜひお越しください。

当日は「DUO 中居裕恭 森山大道」(1500円)の販売もいたします。

 

 

■紙から本ができるまで展2019関連企画「故・中居裕恭主宰 ギャラリー「北点」特別開放記念トークイベント」​
台風19号の接近に伴う悪天候が予想されることから、イベントは中止いたします。

日時:令和元年10月13日(日)14:00~

会場:ギャラリー北点
(八戸市内丸一丁目6-24 Nビル2F)

ゲスト:町口覚さん

入場料:無料

定員:20名
※定員になりしだい受付を終了させていただきます。

申込このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。

 

◆町口覚さんプロフィール    

photo by  Ramon Reverte

造本家1971年東京生まれデザイン事務所マッチアンドカンパニー主宰森山大道や蜷川実花などの写真集映画・演劇・展覧会のグラフィックデザイン文芸書の装丁などを手がける2005 年写真集レーベルMと販売会社bookshop Mを設立し2008 年以降は毎年PARIS PHOTOに出展している

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚