【アカデミック・トーク】ゴジラとアトムと科学と技術

イベントは終了しました。皆様のご来場誠にありがとうございました。

 

 

令和元年8月11日は哲学者の戸田山和久さんをお迎えし、ご著書「科学的思考のレッスン」(NHK新書)や「さようなら、ゴジラたち」(岩波書店/加藤典洋)などをとりあげながらお話しいただくトークイベントを開催します。

 

戸田山和久さんからのコメント

8月といえばお盆、そして原爆忌ですよね。ところで、ゴジラは水爆実験の産物、アトムは原子力で動く正義の味方ということになっています。ゴジラは核エネルギーの暗黒面、アトムは明るい面を象徴する存在のように思われていますが、これって本当に正しい見方でしょうか。いやいや、事実はもっとフクザツよ、というお話をしたいと思います。1954年封切りのゴジラはぜひご覧になってからおいでくださいまし(予習の指示を出すというのが、昨今のシラバスに求められております。私は大学教員なので)。

 

 

■アカデミック・トーク「ゴジラとアトムと科学と技術」

日時:令和元年8月11日(日) 14:00~

ゲスト:戸田山和久さん(名古屋大学大学院情報科学研究科教授)

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

入場料:無料
ただし、原則ワンドリンク制とさせていただきます。入場時に八戸ブックセンターのカウンターでドリンクをご注文ください。

定員:20名
定員になりしだい受付を終了させていただきます。

申込このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。
定員満数のため受付を終了いたしました

主催:八戸ブックセンター

 

◆ゲストプロフィール

戸田山和久(とだやま・かずひさ)

1958年うまれ。だから、アトムも怪獣も大好きの子ども時代を過ごしました。怪獣の名前を覚えるのに使った知力を他のことに使っていたなら、もっと立派なひとになっていたでしょう。名古屋大学の情報学研究科で科学哲学を専門にしています。

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚