【アカデミック・トーク】<シリーズ・アートをよむ>ブルーノ・ムナーリをよむ

イベントは終了しました。皆様のご来場誠にありがとうございました。

平成30年10月13日は岩手県立美術館で開催中の展覧会「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」担当学芸員の盛本直美さんをお招きし、 展覧会の公式図録を鑑賞しながら展覧会の見どころや展覧会の企画や図録の制作秘話などについて語っていただきます。

 

 

■アカデミック・トーク シリーズ・アートをよむ 「ブルーノ・ムナーリをよむ ~岩手県立美術館「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」解説~」

日時:平成30年10月13日(土)14:00~16:00

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

ゲスト:盛本直美さん(岩手県立美術館)

入場料:無料
ただし、原則ワンドリンク制とさせていただきます。入場時に八戸ブックセンターのカウンターでドリンクをご注文ください。

定員:20名
定員になりしだい受付を終了させていただきます。

申込このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。

主催:八戸ブックセンター

協力:岩手県立美術館

 

 

◆書誌情報

「BRUNO MUNARI ブルーノ・ムナーリ」

発行:求龍堂
価格:本体2,593円+税
ISBN:978-4-7630-1808-3
刊行日:平成30年4月
http://www.kyuryudo.co.jp/shopdetail/000000001407/

 

 

◆ゲスト・プロフィール

盛本直美(もりもと・なおみ)

岩手県立美術館主任専門学芸員。
イタリア美術のほか、岩手県ゆかりの作家や現代美術の展覧会を担当。
近年の担当展覧会に、
「ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展」(2012年)
「ジョルジョ・デ・キリコ展」(2014年)
「ジョルジョ・モランディ ―終わりなき変奏―」(2016年)
「花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼」(2017年)
「ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男」(2018年)
がある。

 

 

Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚