【ブック・ドリンクス スペシャル】「ホラー×哲学」で真夏の夜をひんやりと

毎月最終金曜に開催している「ブック・ドリンクス」。平成30年8月2日はスペシャル版として、哲学者の戸田山和久さんをお迎えし、ご著書「恐怖の哲学」を軸にしたトークイベントを開催します。冷たい飲み物を片手に、怖いお話で涼んでみませんか。

 

戸田山和久さんからのコメント

心理学の研究によると動物も恐怖を感じるそうです。脅威に出会ったときにキャーと逃げることができた方が生き残りやすいですもんね。でも人間は、存在しないものも怖がることができます。そして、その恐怖を楽しむことができます。それが「ホラー」と呼ばれる娯楽です。どうして人間にはそんなヘンテコなことができるのかを考えると、人間の心の面白さが見えてきます。ホラーを題材に心の哲学に入門しましょう。

 

 

■ブック・ドリンクス スペシャル「「ホラー×哲学」で真夏の夜をひんやりと」

日時:平成30年8月2日(木) 18:00~

ゲスト:戸田山和久さん(名古屋大学大学院情報科学研究科教授)

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

入場料:無料
ただし、原則ワンドリンク制とさせていただきます。入場時に八戸ブックセンターのカウンターでドリンクをご注文ください。

定員:20名
定員になりしだい受付を終了させていただきます。

申込:このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。

主催:八戸ブックセンター

 

 

◆ゲストプロフィール

戸田山和久(とだやま・かずひさ)

1958年生まれ。現在、名古屋大学情報学研究科教授。怖がりなのにホラーが好き。頭がイマイチなのに哲学者。というわけで、ホラーを哲学して、『恐怖の哲学』(NHK新書)を書きました。姉妹編の『哲学入門』(ちくま新書)もヨロシク!どっちも分厚くて、いつまでも読んでいられてお得です。


お申し込みフォーム
※質問事項欄には「8/2 ブック・ドリンクス」とご入力ください。


ご入力頂いた個人情報については、本申込への対応、ご回答、及び照会のみに利用し、それ以外の目的への利用や第三者への提供はいたしません。サイトポリシーについてはこちらをご覧ください。

確認画面は出ませんので、もう一度送信内容をお確かめください。
 送信内容を確認した方はチェックしてください。

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ

フリーペーパー

パワープッシュ

わたしの本棚