【執筆・出版WS】地方に魔法をかけるには 〜八戸を変える編集術〜

2017.08.20

イベントは終了しました。皆様のご来場誠にありがとうございました。

 

本を執筆・出版したい方をサポートする「執筆・出版ワークショップ」。平成29年9月30日は編集者の藤本智士さんをお招きし、「地方に魔法をかけるには 〜八戸を変える編集術〜」を開催いたします。

10年ほど前に八戸に来て以来、何度も来八されているという藤本さん。雑誌「Re:s」や秋田のフリーマガジン「のんびり」などの編集長として知られていますが、実は八戸ブックセンターで市民作家登録をされた「八戸市民作家」でもあります。このほど7月に刊行された「魔法をかける編集」(インプレス・刊)の一部も、八戸ブックセンターのカンヅメブースで執筆されており、小林眞市長との対話や、「本のまち八戸」の取り組みについて書かれています。

今回の執筆・出版ワークショップでは、八戸市民作家でもある藤本さんに、「のんびり」を手がけられたことや、いまもご出身の兵庫を拠点にされていることなど、地方から発信することについておはなしいただきます。また、「魔法をかける編集」でも触れられている藤本さんの編集術についても、直接おはなしが聞ける貴重な機会となっています(本を読んで、もっと詳しく知りたい!という部分などがありましたら、ぜひご予約時にフォームの質問事項欄へご入力ください)。八戸について発信したい方や、八戸から発信したいという方、そして編集の力で八戸を変えたいという方のご参加、お待ちしております!

 

 

■執筆・出版ワークショップ「地方に魔法をかけるには 〜八戸を変える編集術〜」

日時:平成29年9月30日(土) 14:00〜16:00

ゲスト:藤本智士さん

場所:八戸ブックセンター 読書会ルーム

入場料:無料

定員:20名

申込:このページ下部の専用フォームからお申し込みすることができます。
また、八戸ブックセンターのカウンター、電話(0178-20-8368)でもご予約を承っております。

主催:八戸ブックセンター

 

◆ゲストプロフィール

藤本智士(ふじもと・さとし)

藤本智士氏
1974年兵庫県生まれ。編集者。有限会社りす代表。雑誌「Re:S」編集長を経て、秋田県発行フリーマガジン「のんびり」、webマガジン「なんも大学」の編集長に。自著に『魔法をかける編集』(インプレス)、『風と土の秋田』『ほんとうのニッポンに出会う旅』(共にリトルモア)。イラストレーターの福田利之氏との共著に『いまからノート』(青幻舎)、編著として『池田修三木版画集 センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)などがある。編集・原稿執筆した『るろうにほん 熊本へ』(ワニブックス)、『ニッポンの嵐』(KADOKAWA)ほか、手がけた書籍多数。
http://re-s.jp  
twitter @Re_Satoshi_F

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ