【雑誌・ウェブサイト等掲載情報】「社会教育」、「ガバナンス」など

2017.03.12

雑誌「社会教育」に小林眞八戸市長が寄稿した「八戸市を「本のまち」に」が掲載されています。自身の人生において大きな影響をうけたもののひとつとして「本」を挙げ、「本のまち八戸」構想について述べています。

 

***************************************

「社会教育」平成29年3月号

pp46~pp47に掲載(全1ページ) 

出版社:一般財団法人 日本青年館
本体743円+税
http://www.social-edu.com/

***************************************

 

また、雑誌「月刊ガバナンス」で八戸ブックセンターが紹介されています。こちらは施設の概要を紹介する内容となっています。

 

***************************************

「月刊ガバナンス」 2017年3月号

P66に掲載(全1ページ)

出版社:ぎょうせい
本体1,000円+税
https://shop.gyosei.jp/

***************************************

 

岩手県久慈市の広報「広報くじ」でも八戸ブックセンターが紹介されています。紹介ページは、以下のアドレスから見ることも可能です。

http://www.city.kuji.iwate.jp/data/open/cnt/3/5621/1/170201p12-13.pdf

 

***************************************

「広報くじ」平成29年2月1日号

p13に掲載(全1ページ)

発行:久慈市
http://www.city.kuji.iwate.jp/

***************************************

 

 

また、ウェブでも多数ご紹介いただいております。

 

 

国立国会図書館で運営している図書館に関する情報を発信しているウェブサイト「カレントアウェアネス・ポータル」では、「「本のまち八戸」拠点施設の八戸ブックセンター」が掲載されています。こちらは同館発行のメールマガジン「カレントアウェアネス-E」でも同内容のものを掲載していただきました。

 E1876 – 「本のまち八戸」拠点施設の八戸ブックセンター | カレントアウェアネス・ポータル http://current.ndl.go.jp/e1876

 

「建築と社会の関係を視覚化する」をコンセプトに、建築についての情報を発信しているウェブサイト「アーキテクチャーフォト」では、八戸ブックセンターの内装を手がけた田中裕之建築設計事務所によるコメントが掲載されています。

内沼晋太郎・グルーヴィジョンズ・田中裕之による、青森県八戸市が運営する書店「八戸ブックセンター」 http://architecturephoto.net/58752/

 

Share on Facebook12Tweet about this on Twitter0Share on Google+0
Twitter


Facebook

読書会ルーム

カンヅメブース

ブログ